日常の疲れを忘れたい。屋上は彼らの解放区だった。

目次

この作品のキーワード
人間関係  ストレス  太宰治  又吉直樹  純文学