.
.
.
.

「 センパイのことずっと見てたから 」

.
.
.

始まりは突然の告白から

( 一体私のどこがスキなんだ )

.
:
+

「 もう、限界です。
センパイのことが欲しくてたまらない 」



*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

シトラスの香りに誘われて

関わることのないはずだった

きみの想いに翻弄されていく

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*


+
.
:


「……俺のこと、好きになってよ」


( 私にだけ甘いなんて、そんなのずるいよ )

.
.
.

これは、
きみが私を堕とすまでの7日間

.
.
.


2020.09.17 執筆開始




きみはあまいか、酸っぱいか


この作品のキーワード
胸キュン  甘々  年下男子  三角関係  年の差  クール  後輩  嫉妬  溺愛  年下