ずっと好きだった同期が
彼女ができたと嬉しそうに惚気てきた。

告白すらしないまま玉砕し、
バーで一人気持ちよく酔っていたら
初対面の男に声をかけられ…

気づいたらベッドで抱きしめられて
裸で朝を迎えてしまった!?


一夜の間違いだと思っていたのに
やけに甘い彼との関係は続いて…

デートに誘われ、エスコートされて
胸がときめいてしまう。


でも、本気になっちゃだめ。
これは遊びなんだから…


恋に悩むお年頃
岩隈 瞳子 (25)
×
溺愛するエリート
薬師丸 蒼士 (29)


「すごく可愛い」
「こういうの好きかなって思って」
「…可愛いよ瞳子」

お願いだからもう、やめて!


2016.12.05 start
2017.03.15 end
2017.04.08 番外編追加
恋するビル小説コンテスト参加作品

2017.04.12 タイトル変更
(元:溺愛系エリートに捕まりました)

総合ランキング1位を頂きました!
本当にありがとうございます!

素敵なレビューも頂きました。
ありがとうございました!

※この作品はフィクションです。登場する人物、地名、施設、団体はすべて架空のものであり、実在のものとは関係ありません。
※企画の設定に独自のものを追加しています。

この作品のキーワード
OL  エリート  奥手  イケメン  あまあま  溺愛  すれ違い  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。