★★★★★
切なさと甘さのバランスが素晴らしい
大手ホテルで働く美緒奈は友人の代わりに身分を偽って船上パーティーへ参加する。そこで出会ったのは自分が働くホテルの副社長の京介。二人は惹かれあうも美緒奈は嘘をついていることと身分を偽っていることで苦しむ。
彼が好きなのは、美緒奈ではない偽りの自分。

何度も何度も美緒奈は苦しみます。切なくなります。でもそこにあるのは副社長の甘さ。副社長という身分ながらもどこか少年らしく甘い彼の魅力はこの切なさを調和してくれる魅力です。

タイトルにもある偽りのベール。これが果たして何を意味するのか。

ぜひ読んでください。
朔真ゆず
17/02/11 07:37

>>新着レビュー一覧へ