「コウちゃんの良い所、こんなに沢山知ってるのは、この先も私しかいないんだからねっ。世間的に言ったら、コウちゃん顔しか良くないんだからね!」

「なんて恐ろしいこと言うんだお前は……」


ずっとずっと憧れ続けてきた幼なじみでお隣さんのコウちゃん。

「やっぱりコウちゃん好きだなあ」

「……そんなに好きか」

「え」

「……じゃあ、付き合うか」


そんなコウちゃんと、ある日突然、付き合えることになりました。


「……おいで、マメ」

「なに怒ってんだよ、マメ、こっち向けって」


……でもね、コウちゃんは、何も分かってなかったみたい。

私は気づいているのに、コウちゃんは何も分かってなかったみたい。


でもね、もういいんだよ、コウちゃん。もう、大丈夫だよ。


「おかえり、コウちゃん」



マメ、ごめんな。

ずっと、そばにいたのに。



*お隣さんとの(ちょっぴり切ない?)甘々ラブコメ*

※移転作品です。
旧タイトル:「ずっと、そばにいたのに。」

この作品のキーワード
お隣  幼なじみ  胸キュン