★★★★★
不器用な二人
近すぎる距離と、過去に植え付けられた妬み。
それが、主人公の気持ちに歯止めをかけることになる。それは、自分の気持ちを偽るしかない。
読んでいると、わかる溺愛。だけど、決定的な言葉を告げられていないことで、勘違いが起こる。それは、距離が近すぎるから起こるすれ違い。
素直になりたいのになれない、そんな心にブレーキをかけなければいけない状況と、そんな主人公の想いとは別に周りからは温かい想いをかけられる。
周りと主人公の想いの違いと自分勝手な人の考えゆえの思惑など、切なさが多い作品ですが幸せにもなれる素敵なラブストーリーでした。
聖凪砂
19/01/23 02:14

>>新着レビュー一覧へ