私が好きな人は
この会社の社長の息子で
幼馴染みの

綾野 奏太(アヤノ ソウタ)


すきなんだけど
幼馴染みだから
いつも友達感覚


ある時
奏太が彼女を作り
それから疎遠になった

私は彼を作ることもなく
綾野のおじさまの願いを叶えるべきに会社に入社した

昔の面影もなく
絶対にわからないからと言われ






廣川 深雪


「奏太君・・・・・」


「お前は誰だ?」


「冷たい・・・私がわからないの」


「あぁ・・・・・」


こんな具合に毎日過ごした

この作品のキーワード
幼馴染み  人見知り  会社  溺愛