『莉子』


あれから長い月日が経った。

社会人になって、精一杯仕事に励んで、それなりに、恋もして。


もう、忘れたと思ってた。

忘れた––はずだった。

なのに、私を呼ぶ声で、たった一瞬で引き戻された。幸せに溺れたあの頃が私の脳裏を駆け巡る。


『––迎えに来た。』


あの頃と変わらない微笑み。

私が大好きで仕方なかった人。

この人がいなければ生きていけないと私に思わせた人。

私を溺愛して––そして、狂わせた人。


『おいで、りぃ』


誰かが言ってた。

愛されることは世の中で一番幸せなことだって。

でも、私は知ってる。

過度な愛情は、時に人を狂わせるってこと。


溺愛男子 × アラサー女子


『俺から逃げるなんてバカなこと、もう2度と考えないようにしつけ直さないとね?』

「っ…!」


この男、この上なくキケンです…っ!


2017.07.11 -
オススメ作品に選んでいただき
ありがとうございました!


(C) Seori Nonomura,

この作品のキーワード
元カレ  溺愛  再会      短編