鈴村 彩月
成宮 彰人





「ひどくしてください」

私の希望は、ただそれだけだったのに。


「どうせ〝イケナイこと〟するなら、もっとデカいことしてみてもいいんじゃねーの? あー……そうだな、一ヵ月くらい家出でもして俺の部屋にくるっていうのは?」

成宮さんのわくわくするような誘いに心が跳ねてしまう。


「成宮さん。今気付いたんですけど、これだと北枕ですよ」
「俺、そういうの気にしないし向きなんかどうでも……おい。話してる途中だろ。枕の位置変えるな」

交わす会話があまりに楽しくて、ずっとと望んでしまう。


「おまえが好きだ」

「もう、聞きました……」
「何度言ったっていいだろ」


成宮さんのまっすぐな気持ちに応えたいのに。

本当は、もっと一緒に過ごしたいのに。


「私も……好きでした」


気持ちを隠したまま勝手に部屋を出る私を、成宮さんは怒るだろうか。


「……さよなら」




2017.12.26 完結公開



※文庫化に伴い、2018年4月10日をもちまして試し読み(一部公開)とさせていただきます。
申し訳ありません。









好評発売中

あらすじを見る
親の言いなりで生きてきた地味OLの彩月は、一度くらいハメを外そうと、出会ったばかりのイケメン、成宮と関係を持ってしまう。その場限りのはずが、「一ヵ月くらい家出してみたら?俺んちに来いよ」といたずらっぽく誘われ…。彼の高級マンションで同居することに。その後、成宮が新しく赴任してきた副社長だと発覚!戸惑う彩月だけど、とことん溺愛&甘やかしてくれる彼に、心奪われていき…?
この作品のキーワード
御曹司  副社長  同居  婚約者