私は恋を知らなかった。

16歳の夏までは⋯⋯。

その恋を教えてくれたのは義理の兄だった。

でも当たり前ながら兄と付き合うことは許されないことで。

しかも、その兄は自分に好意を持っていることに気がつくと急に冷たくなった!?

実は兄にはトラウマがあって⋯⋯。

抑えきれない想いに胸が押しつぶされそうになる。

こんなことになるなら恋愛なんてしたくなかった⋯⋯。

兄と両想いになんてなれるはずがない、そう思い諦めようと努力する日々。

でも、そう簡単に諦められるはずもなく。

主人公、亜希の恋の行方は⋯⋯?

この作品のキーワード
義理の兄  初恋  一目惚れ  切ない  高校生  ベタ惚れ  クール  シュウ小説  冷たい  トラウマ