───男の人の優しさはもう信じられない。







誰のために…なんのために…








私がいる意味なんてあるのだろうか。









───愛していたはずの人から受けた傷を
溢れるほどの優しさで癒してくれたのは
甘くて優しい、ヤクザのあなたでした。









秋庭組若頭 秋庭弘翔(あきばひろと)






×






短大生 横手美紅(よこてみく)












「なぁ弘翔、男が両腕で守れる物はせいぜい一つか二つだ。お前が本当に命を懸けて守りたいものはなんだ?」











*暴力的な表現を含みます。苦手な方はご遠慮下さい*








*私、伊達さま、約三年ぶりの新作となります!
ずっと自分の中で温めてきた作品なので、
楽しんでいただければ幸いです!!*




更新情報などはTwitterにて発信中!
ぜひフォローお願いします!!
(Twitterでは感想や意見なども、全て返信しています!)












では➡︎





この作品のキーワード
ヤクザ  極道  激甘  溺愛  純愛  イケメン  組長  若頭  恋愛