★★★★★
仕事に対する想いと愛情の深さ
結婚適齢期を前に、恋と仕事に対する想い。
現実でも向き合うこととなるリアルな問題。そこが丁寧に書かれた作品でした。

特に、お互いが想い合う姿は、ライバルが出てきたところで如実に表れていました。
彼の夢のため、仕事のために、自分は彼の隣にいていいのか悩む主人公。それとは逆に、彼はこうでなくてはいけないと決めつけるライバル。そのためには、彼の意思も何も関係なくことを進めようとするその彼女との違いが見せつけられました。
そして、最後の最後まで、それぞれが出した結論から目が離せなくて、ハラハラさせられっぱなしでした。
聖凪砂
19/01/10 12:55

>>新着レビュー一覧へ