僕達は透明だけど、君と僕は違うとこがある。


それはーーー





君は生きてるーーーー



「あたしもそっち、行っていい?」



「ダメ、君は生きてるからっ」



君に大切なこと伝える為に、会いに来たんだよ。


だけどーーー



もう、時間がない………。


僕が消えて無くなる前に…………


……君に………………………。








この作品のキーワード
透明  イジメ  切ない  好き  想い  幽霊  別れ