この作品は ″愛してるからこそ手放す恋もある″ の続編として、
小野田浩司sideを書いたものです。
宜しければ、先に ″愛してるからこそ手放す恋ある″ を読んで頂けると幸いです。


けんこうマミーさん
レビューを書いていただき
ありがとうございます。(*^▽^*)


この作品のキーワード
家族愛  秘書  上司  友情  嫉妬