リンゴンと鐘が鳴る。
晴天のチャペルを前に、
遊佐水都子(ゆさみつこ)は立ちすくんでいた。

腕をとって共に入場するはずの父の怒りは水都子以上で、
先に怒られてしまうと、
一緒になって怒るわけにもいかず、
どう言ってこの場を収めようかそればかりを考えていた。

兆候はあったけれど、
まさか一番まずいやり方でそれをされるとは思わなかった。

想定外の事態が起きると、
人は思考停止してしまうのかもしれない。

結婚式直前で新郎に逃げられた水都子は、
元々結婚後退職予定だった為、
元の職場へ戻る事もできず、
一族が経営している「ポラリスリゾーツ」へ入社する。

社長が妹、
副社長が弟、
会長は父、
という環境で、
ひっそり静に淡々と仕事をする事を望むが、
思い通りにはいかず……。

あらすじ

結婚式当日、花婿に逃げられた会長令嬢、水都子と、
水都子の妹が社長を務めるポラリスリゾーツ、システム課係長の間藤。

逃げられた花嫁と見物人という不本意な出会いからの再会。そして……。

この作品のキーワード
年下  令嬢