私は笑えない。

色のない私の世界は、小さくて狭い。


偶然だと思っていた出会いは必然だった。


あのね……、
イチくんが私を引っ張ってくれた日のことを
今でも思い出すんだよ。



「ねぇ、みあ。笑って…?」



君の覗いているカメラ越しの世界は、
どんな色をしていますか……?




2019.06.22 完結

かんたん感想、pvありがとうございます*



この作品のキーワード
学園  青春  写真部  カメラ  同級生  幼馴染  高校生  トラウマ  初恋