★★★★★
はちみつ色に輝いている
あの人は輝いている。世界を照らす金色のように。簡単に手を伸ばせないほど、遠い場所で。

だから、ずっと、きみのようになりたかった。

まったく違うようでとても似ている、ふたつの淡い憧れがじわりじわりと近づいては、少し離れて。また、もう少し、近づいて。
いつしかお互いのためになにかしたいと願うようになっていく、ふたりのその姿こそが、なによりもまばゆい青春そのものでした。

『私が、光を当てて、あたためたい』

凍えそうになっていた朝陽の心の大切な場所を、見つけてあたためてくれたのが、とても柔くて、とても強い、光莉で本当によかった。

たくさんの『好き』の気持ちがぎゅうぎゅうに詰まった、甘くてすっぱい、苦しくて愛しい、キュンなお話です。
夢雨
21/01/27 13:10

>>新着レビュー一覧へ