『スーパームーン』シリーズ

カフェを営む初老の男 健太

健太に恋する明日香

明日香の母彩子は健太の元恋人だった。

明日香の娘の瞳は健太探しの旅に出る。

明日香の行き付けのバーのマスターは謎の人物

それぞれの人物を主人公に添えながら
物語は綴られていく。

時にはシリアスに
時にはコミカルに
時にはハードボイルドに

過去と現在と未來を行き来しながら
本当の幸せとは何なのかを問い続ける

「スーパームーン」シリーズ 第4段

あらすじ

俺とマサはあるカジノバーを潰して欲しいと言う依頼を受ける。

常連客の吉田に連れられてその店に行くとボクサー時代のライバルがいた。

奴は俺を恨んでいる。

店は用心深く、かなりヤバイ気配がする。

ブラックジャックの女は俺に「助けて」とメモを渡してきた。

幹部と思われる男は不気味な雰囲気を持っている。

そして吉田が死体で発見された。

様々な謎が絡みあって事態は思わね方向に展開していく。

目次

この作品のキーワード
バー  カクテル  ジャズ  煙草  古書店  組織  相棒  モデル