「ゆり香、愛してる。」

頭上にはこの世のものとは思えないほどの巨大なカーテンが

様々な色彩で透明にキラキラと輝きながら大きくウエーブし

自分も揺らされているような感覚と

凍りつくほど神秘的なそのオーラに吸い込まれそうになる

ここアイスランドの夜空を飾るオーロラの下で

分厚いグローブの中の凍える手を私は彼と握り合い

遥か遠くのきらめきに感動しつつ魅入っていた。

白銀の冷気の中で寄り添って。

あらすじ

山ガールのゆり香は

常に単独行動であった

登山の素晴らしさを共有できる

気の合うパートナーがいたら

そう思いながらも

出会いには消極的で

自分でも堅い印象しかないことに

仕方がないで済ませていた

この作品のキーワード
地味OL  切ない  しっとり  大人の恋  出会い  真面目  山ガール  登山