幼い頃

わたしには王子様がいた



「芙結は、ずっと僕のだよ。
ぜったい他のやつには渡さない」



ずっとそばにいてくれると思っていたのに



気づいたら王子様は
わたしのそばからいなくなっていた



✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


栗原芭瑠 (くりはら はる)

×

白花芙結 (しらはな ふゆ)


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚




きっと幼い頃の恋心なんて
時が経つとともに薄れていくものだと思っていたのに



事態は急変



数年後のわたしの18歳の誕生日



幼い頃の記憶で止まったままの
王子様が突然現れて



「これで芙結は完全に僕のものになったね」


にこにこ笑いながら、
わたしの左手の薬指に指輪をはめて



「もうぜったい離したりしない。
ずっと僕のそばにおいておくつもりだから」



なぜかプロポーズされて、
おまけに一緒に暮らすことになりました











「芙結の可愛さは僕のもの」



甘さ可愛さ溺れたい






*End 2020.01.13*






*番外編公開中です*











この作品のキーワード
同居  結婚  溺愛  甘々  胸キュン  ドキドキ  独占欲  天然  ベタ惚れ  キス