結婚の反対を押し切るために、覚悟の妊娠。
この先、幸せが待っているはずだったのに
思わぬ出来事が待ち構えていて……。


離れて数年。
ひとりで息子を育てていた私の前に姿を現した彼は
熱い眼差しを向けてくる。


「俺ともう一度始めてくれないか」


求愛に戸惑う私を息子ごと優しく包み込む彼に
すがってもいいの?


「結婚するなら、
気持ちが止められなくなるほど
本気で愛した人としたい」


2020.01.19

この作品のキーワード
御曹司  溺愛  子供  妊娠  出産  記憶