お前が好きだなんて俺はバカだな。

巳鎖学院高校に通う女子高校生、美咲結野(みさきゆいの)は、先輩の遠谷美礼(とおやみれい)にそう告げられる。
今まで、ずっとバカにされてきたのに、まさか、先輩が自分のことを...。

「さっきの顔、腹立つ。特に俺に向けられてないところとか。」

「授業中寝るなんて良い加減にしろ。
俺以外に寝顔なんて見せてんじゃねえよ。」

「好きだって言ってんだろ。何回言ったら分かるんだよ、バカ。」

結野は先輩の言動に悩まされながらも、確実にその距離を縮めていく...。

でも、自分の少し前の出来事や、家族のこと、学校のこと、先輩の過去...。

それが、少しずつ歯車を狂わせる。

彼がその末に発した言葉とは、
そして、2人の恋の結末は...?

この作品のキーワード
恋愛  溺愛  先輩  初恋  独占欲  純愛  甘々  キス  イケメン  切ない