響は昔、幼馴染みである千絃ととある約束をした。
その約束は叶わぬ事なく、長い月日が流れた。


病気のため、選手として生きていく事が出来なくなった響の前に、千絃が現れる。

「おまえが必要なんだ」と言われた響だったが、昔の事を思い出し彼の事を信じられずにいる。

しかし、共に仕事をするうちに千絃が気になり始め…………
彼を知るうちに彼が約束をどうして守らなかったのかを知ることになるのだが………


漣 響(さざなみ ひびき) 27歳 剣道の選手。居合い、殺陣などが好き。見た目はとても女らしいが剣を持つと武人になる、と有名に。だが、病気を理由に引退。千絃とは幼馴染み

月城 千絃(つきしろ ちづる) 27歳 俺様で我が儘な性格。ゲーム製作会社で動画監督をしている。昔、剣道の全国大会で優勝した経験がある。

水篠 璃都(みずしの りと) 27歳 響きの友人。カメラマン。

この作品のキーワード
純愛  溺愛  幼馴染み  ラブラブ  俺様  胸キュン