――あなたにはもう、期待しない。

天津翠(あまつみどり)は三年前、
夫となるはずだった
神立涼(かんだちいすず)に捨てられた。
それも、結婚式当日に。

そのとき身ごもっていた子供、
鳴(なる)はもう三歳になる。
いつかは父親のことを伝えなければ
と思っていたある日のこと、
なんの因果か再び涼と出会ってしまう。

そこで彼が翠に告げたのは……。

「今夜は俺と過ごせ」

――私を嫌いになったから捨てたんじゃないの?
――私も、彼を憎んでいるんじゃなかったの?

(もう一度キスされたいなんて
 思ってなかったはずなのに……)

「嫌いだとはひと言も言っていない。
 俺は今もお前を愛している」

すれ違い続けたふたりは、
息子のために『やり直し婚』をすることになるが……。

***

6/29 完結

あらすじ

三年前、翠は結婚式当日に捨てられた。
結婚するはずだった涼の裏切りを許せないまま、身ごもっていた彼の子供を産み、過去に囚われながら今を過ごしている。
息子の存在を知った涼は翠に結婚を申し込み、翠もまた複雑な思いを抱きながら受け入れるけれど……。
「俺を愛していなくてもいいと思えるぐらい好きなんだ」
繰り返される甘い言葉。かつて自分を捨てた彼に未来を期待してもいいの……?

この作品のキーワード
溺愛  社長  甘々  結婚  すれ違い  夫婦  子供  御曹司  ギャップ  じれじれ