私は深い深い海の底に沈んでいた

クラゲのようにふわふわと冷たい海の中を漂っていると、目の前に光が見えた

あの光を掴みたい

泡になって消えそうになっても、

何度でも、

何度でも、

その光を目指して、

その光を求めて、

私は不器用ながらも

泳いでいく...


傷を抱えた人見知りの主人公


桑嶋珠汐奈(くわしまみゆな)


×


文武両道、水泳部のエースで珠汐奈の幼なじみ


武波海里(たけなみかいり)


×


過去を乗り越えようと島にやって来た珠汐奈のクラスメート


碧海帆栄(あおみほだか)


×


帆栄に一目惚れした水泳部の人魚姫


会沢美海(あいざわみう)



これはとある島の高校生達の青春物語


真っ暗な海を泳いだ先には、


きっと希望の光が瞬いている




この作品のキーワード
高校生    純愛  家族愛  切ない  共感  感動  自分らしさ  人魚姫  陸上部