水泳を愛していても、

水泳から愛される者はわずかしかいない。




水泳に愛されていなくても、

水泳を愛している者はたくさんいる。














―私達は、そんな無慈悲な世界で今日を生きている。

目次

この作品のキーワード
水泳  才能