なんにも変わらない毎日に

違和感を感じていた。

でも、ほんとの居場所を見つけたんだ。


「陽葵。ずっとここにいてよ。」


「お前の居場所はここだろ?」


「陽葵くん。君は新選組の太陽だ。」


大好きな人達に出会って私の生きる意味


やるべきことがわかった気がするよ。


私の人生に色をつけてくれたのは


紛れもなく新選組のみんなでした。


これは歴史にも沿っていますが


完璧なノンフィクションものです。


暖かい目で読んでいただけるとありがたいです!


ゆっくり作品を更新していくので
楽しみに待っていただけると幸いです!!

この作品のキーワード
新選組  幕末  土方歳三  沖田総司  近藤勇  時空移動  女剣士  純愛