☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

派遣会社に通うことになったう、二十三歳の女性がいた。

此処の派遣会社は人々を育てながら、内部の仕事をすることもある。

内部の仕事というのは、部署の仕事をしたり、派遣会社なので、他所の人を派遣されることもある。


そんな中、とある男女が出会った。


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡


並河春日という男性と松川奈美という、女性が互いに現れた。

あらすじ

ある日、彼女は派遣会社の入学式が終わり、一人の男性と出会った。彼女は入社式で荷物を持っており、職場の机に段ボールを置きに行く事になった。派遣会社の自分の持ち物に置くと、今日は帰る事になった。その帰りの電車🚅の中で、格好いい人に名刺交換された。これが、二人の出会いであり、とても楽しい人生が始まる時で、派遣会社で必死に働こうとしていた。面接が得意な人ばかりであり、此処の派遣会社に受かった。楽しいもの。