出穂 桜
sakura izuho

岩倉 澄晴
sumiharu iwakura


ブラック企業から抜け出せなくなっている私に手を差し伸べてくれたのは、凍えるような冷たい雰囲気を持つ隣人だった。

「おまえに拒否権はない。職場を変えることが、今回助けた俺に対する詫びだと思ってくれればいい。上司からの報復が怖いなら、数ヵ月俺のところにいろ」

そんな言葉から始まった同居生活は、どこまでも規則正しく……そして、どこまでも私に優しかった。

「俺はおまえを大事にするだけだ。だから焦る必要もないが……それでも気になるなら自分で治せ」

岩倉さんがくれる言葉は、私の心の治療のため。
肌に触れる体温も同じ。
だから、優しい。

だから……怖い。

「岩倉さんは、私のことを適当に扱わない。だから……怖いです」


私の傷が治った時が……自立した時が、この同居生活が終わるタイムリミット。


「おまえは俺を侮辱しているのか」

心の深い部分で大事にしてくれている岩倉さんに、恋愛感情の〝好き〟なんて言えない。





start 2021.5.28



あらすじ

ブラック企業で働き詰めだった出穂桜は、過労から気を失ったところを隣人の岩倉に助けられる。それをきっかけになぜか強引に同居する流れとなるも、おかしな精神状態の桜は言われるがまま岩倉との生活をスタート。岩倉との生活はとても過ごしやすく心も安定していくが、それは同時にタイムリミットが迫っていることを示していて……。
体まで弱りきった気弱ヒロイン×凍えるほどクールな一途ヒーローの甘めラブストーリー。

この作品のキーワード
弁護士  ルームシェア  溺愛