「怖い思いはさせねェって言っただろ。これからはずっと一緒にいてやる」

『神子』と呼ばれるほど天才的に魔石を扱う双子の妹とは違い、役立たずの出来損ないと実の家族から虐げられるアルトリシア。

ついには殺されそうになった彼女を助けたのは、狼の姿をした『生きた石』のサフィだった。
さらには彼の弟、ルブまで一緒についてくることになり……。

「お前さえよければ、私の娘にならないか」

ふたりの助けによって出会った、辺境伯ゼノハルト。
聖騎士と呼ばれる彼の人生は、かわいそうな少女との出会いによって変化する。

やがてアルトリシアには特別な力があると判明し……。

「本当にいいのかい? 神子としての人生を生きれば、この国の歴史にだって残るかもしれないのに」
「いいんです。私は新しい家族と平凡に生きたいです!」

――これはかわいそうな少女が新しい家族と幸せになる物語。

***

5/8完結

ファンタジー・SFジャンル2位ありがとうございます!

あらすじ

アルトリシアは妹と違い、出来損ないの役立たずだと虐げられてきた。ついには殺されそうになるも、そこで『生きた石』であるサフィ、ルブのふたりと運命の出会いを果たす。やがて聖騎士ゼノハルトの養子として引き取られ、過去とは違う幸せな日々を送り始めるも、彼女には『神子』と呼ばれるほどの特別な力があると判明し……。

この作品のキーワード
もふもふ  過保護  幼女  騎士  溺愛  チート