ミーンミーン・・・・

夏休みも近づき、校舎の脇にある1本の木ではアブラゼミが身体を小刻みに揺らしながら
夏の始まりを軽快に奏でる。


サワサワと揺れる土手の芝生。
その芝生の向うに見えるグランドでは
少年たちが運動に励んでいる。


空は青く映え渡り
モクモクと綿飴のような積乱雲がゆっくり動いているのが分かる。


キーーン!
そんな空高く
バットの軽快音とともにボールが高く飛び上がる。


ありふれた日常・・・


しかし、
それは突然やってきた・・・

あらすじ

幼なじみの梨緒をめぐり争う亮輔と祐介。

戦いの女神の力で様々な競技で競い合い、

最後、お互いが得意な"野球"で『祐介』
が勝利したかに思えた。

しかし、亮輔が投げて祐介が打った球が
運悪く木材の山に当たり
梨緒を下敷きに!

女神に連れられ病院へと運ばれた梨緒の
安否が気になりながらも

梨緒を傷付けてしまった
罪悪感と怒りが

相手に対してさらなる刃を向ける事となる

三角関係の結末とは

この作品のキーワード
泣きキュン  SF  中高生  謎解き  恋愛  幼なじみ  泣ける  アクション  三角関係  学園