★★★★★
チガイの溝が、苦くせつない。
例え、お互いに唯一好きな人だったとしても、一緒にいられない理由がある。

それは、そうだこういう時だよねと。
交わらないふたりの感情に、胸が詰まるような苦くて痛くてたまらない、くるしさがありました。

残酷な現実でもあり、でも同時に、幸せに向かうための選択でもあると。希望も感じたい。
あとがきまで読みおわったあと、勝手ながらそんな未来も感じたおはなし。

いつかふたりが、本音を言い合える誰かに出会えますように。大好きです。
薫いちか
22/01/27 22:37

>>新着レビュー一覧へ