隣の住人は最悪な奴だった。




そんな人に恋をしてしまった私。


何度、後悔したかわからない。

何度、あなたの前で涙を流したことか…




離れたいと思っても、離れられない魅力があったのかもしれないね。





「やっぱ、俺だよな」

と、笑って言うあなたの笑顔は反則だよ。




2021.810〜

xoxvov




目次

次へ