女子高生の藤原紫乃


嫌なことがあった学校帰り、
ちょっと寄り道するつもりが
とんでもない寄り道に?


わけがわからず困惑する彼女の前に現れたのは
ちょっと嫌味で無表情、
おまけに何を考えているのかわからない、



でもどこか温かな平安陰陽師でした











※事情で更新が遅いときもあるかもですが、
のんびりお付き合いくだされば嬉しいです※

目次

この作品のキーワード
平安時代  陰陽師    和風  シンデレラ  タイムスリップ