「あなたに会いたかった。」

その一言が言えるまでに、10年かかってしまった…。



私はあなたの何なんでしょうか?

昔の知り合い?

妹みたいな年下の女の子?

それとも…恋人?








あらすじ


10年前に働いていた診療所で知り合った、年上の素敵なドクター。
思い切って告白したが、迷惑だと言われてしまった。

そして、現在…

その人が私の目の前にいる。
彼の目に、私はどんな風に映っているのかな。

あの時と同じ、魅力のない女かしら。
それとも…。

この作品のキーワード
年の差  すれ違い  医者  誤解  家族  両片思い