「必ず会いに来ると伝えたが、君は覚えているか?」

 苦しそうな顔で言われ、胸を締め付けられた。
 けど、私は首を振る。
 正解には、ずっとずっと忘れたかった。
 はやく匂いさえも忘れたかった。
 正直に言えば、覚えているけど夢であって欲しかった。
あの時の私は、正常な判断ができなかった。姉と恋人との裏切りの方こそ、夢であってほしかった。


***
婚約していた相手から、姉を妊娠させたので責任をとるために別れてほしいと言われた。

絶望の先で、運命的に再会したのは私を溺愛してくれる素敵な御曹司でした。


***
大手ステンドグラス会社『Madonna』副社長
宇柳 聖  31歳
×
調香師
守屋 美優   26歳


イラスト/ノーコピライトガール

この作品のキーワード
溺愛  ハワイ  御曹司  運命  ざまぁ  匂いフェチ  婚約破棄  プロポーズ