私はあなたを信じている。
あなたの愛も、あなたを愛する自分の心も信じている。

――でも、私たちの未来だけはどうしても信じられない。

コンシェルジュの阿澄杏香(あすみきょうか)には、
忘れられない苦い初夜がある。

自分に自信のない彼女を愛した橘深冬(たちばなみふゆ)は、
十年前のクリスマスに恋人をベッドに残して姿を消した。

そうなって初めて知ったのは、
彼が老舗旅館〝たちばな〟の御曹司だということ。

そして十年後。
深冬は若きホテル王として再び杏香の前に姿を見せる。

「お前の中では終わったかもしれないが、
俺の中では終わることすらできていない。
それに――終わらせたくない」

十年間、忘れられずに想い続けていたのは杏香だけではなかった。
誤解を解き、再びやり直そうとするふたりだが……。

(今度こそ彼を失ったら、私はまたあの朝と同じ思いをする)

愛しているのに踏み込めず、
『終わらせない』ために『始めない』ことを選ぼうとする杏香。

「お前が信じるのは俺の言葉だけでいい」

「全部くれてやる。俺はお前のものだ。これから一生、永遠に」

呪いを解く鍵はただひとり、愛した人の言葉だけ――。

あらすじ

自分に自信がない杏香は、十年前に深冬から捨てられたことで恋愛がトラウマになった。しかし十年後、ホテル王として大成した彼に再び出会い求められるようになる。応えたい気持ちと、応えるのが怖い気持ちで苦しむ杏香だが……。「なにも考えられなくなるまで、ゆっくり時間をかけて愛してやる」溺れそうな愛情に包まれる杏香と、彼女のためには狂うことも厭わない深冬の未来の行方は……?

この作品のキーワード
溺愛  じれじれ  切ない  独占欲  御曹司  元カレ  ホテル王  再会  契約結婚  あまあま