孤児院から逃げ出した少女イリヤがたどり着いたのは、とにかく口が悪い魔術師、ジオの家。

即日「下僕」と呼ばれる羽目になるイリヤだが……。

「下僕のくせに小さすぎ。もっといっぱい食え」

「はい! おいしいです!」

「いちいちうるさい。僕が作ったんだから当たり前でしょ」


ご主人様はもしかしたら、優しいのかも知れない。

年の差日常ラブコメディ。

この作品のキーワード
ツンデレ  年の差  ファンタジー  魔法  同居  コメディ  日常