光が寄り添うように、そばにいたい。

7歳差の幼なじみ、不器用な二人の関係の変化。

あらすじ

 この春大学生になった紗綾(さや)。
 難しいレベルの大学を受験したのは、初恋の人・孝の母校だから。合格したら彼に会いに行くと決めていた。そして、ようやく口実を見つけ孝の自宅へと向かう。

 彼女と別れたばかりの孝(たかし)は、仕事が忙しいせいもあり鬱屈していた。休日出勤も続く中、日曜は家にいろと母親に言われ早めに仕事を切り上げ帰宅する。
 だが孝を迎えたのは母親ではなく、幼なじみの紗綾だった──

この作品のキーワード
恋愛  幼なじみ  年の差  社会人  大学生  切ない  片想い  大人の恋  純愛  幸せエンド