妖が人を襲って、アレス騎士団が戦う。その繰り返しがずっと続いている。

この戦いに終わりは来るのかしら?私の夢である妖と人の共存は叶えることができるのかしら?時々、不安になってしまう……。

だけど、俯いている暇なんてない。こうしている間にも、誰かが妖にされてしまっているかもしれないんだから。

「ツヤさん、稽古お願いします!」

私は、私にできることをやろう。










この作品のキーワード
  バトル    ドラゴン  生贄  追跡