商社で働くOLの私


幼少の時に体験した海での出来事が

今でもトラウマになっていた



「奈々ちゃんは僕が必ず助けるから・・・だいじょうぶだよ・・・・」


「ハルくん・・・・・」



両親が離婚して、小学生の時に転校した私

あれから、大好きだった幼なじみの彼とは一度も会ってない・・・・・



数年たって、大人になった私たちは偶然の再会をした


死を覚悟したあの日

命を救ってくれたヒーローの彼が、目の前にいる


大好きだった幼なじみ

クールに細めた目と、凛々しい顔立ちを見て



私の胸は、ぎゅっと締め付けられてしまう・・・・・




◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

村本 奈々
26歳 商社OL

×

永井 春樹
25歳 海上保安官

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



「ハルくん、私をこの場において逃げて!」


「奈々ちゃんは俺が必ず助けるから! だいじょうぶだっ!」



絶体絶命の危機、最悪な状況で幼なじみの彼が言う・・・



救助が困難な海難事故現場に駆けつける、エリート潜水士たち

海上保安庁で、精鋭部隊と呼ばれる彼ら

特殊救難隊の中に、春樹の姿があった・・・・・




運命的な再会に、心を弾ませていた奈々


二人がたどりつく、恋の結末は・・・・・・






表紙 フリー画像
第1回 『職業ヒーロー』短編コンテスト
お話はフィクションで事件事故は架空の設定です
よろしくお願いします

この作品のキーワード
幼なじみ  OL  海上保安官  潜水士  特殊救難隊  年の差  すれ違い  両片思い  切ない  職業ヒーロー