勉強で良い成績をとることだけが自分の生きる存在価値だった


母の望むものを全部叶えていけば、母の目に私が映るはずだ


でも、それはいつまで?いつ終わりが来る?


母親の支配に苦しみながら生きる私の前に
現れたのは"自由"を語る暴走族だった


「お前の人生はお前だけのものだ」


その言葉が私の背中を押し、真っ暗な闇に光が差し込んだ


────家族の再生、自分の存在価値、暴走族の絆
を描いた物語────




❁⃘┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈❁⃘




少しでも気になった方は読んで貰えると嬉しいです!
少しずつ更新していきます!




この作品のキーワード
暴走族  高校生  一途  姉妹