不倫相手の葬儀に出席した夜。

不倫の女は不倫相手の妻に全てがバレていることを知る。

不倫相手の妻から、「感謝している」と告げられ、怖くなる不倫の女。

懺悔するように不倫相手との思い出を話すことに。

懺悔が終わって別れ際、不倫相手の妻は、不倫の証拠を突き付ける。
これは復讐の終わりではなく始まりであることを告げる。

その証拠には、報告書と写真が数枚。

その写真には、自分ではない女が写っていた。


何から何まで噓なのか?

どこからどこまで噓なのか?

不倫の女だったのは一体誰なのか?

これは女の執念と復讐の始まりの物語。

あらすじ

不倫相手の葬儀に出席した不倫の女。
そこで不倫相手の妻と遭遇し、全てがバレていたことを知る。
同じ男を愛した女同士、その瞬間にしか生まれない奇妙な友情が生まれ、男の話で意気投合する。
話をして、生きていて欲しかったと不倫の女は強く思う。一方で、男が死ぬことの原因を作ったのは自分だった。
別れ際、妻から不倫の証拠を突き付けられるが、その証拠には、自分ではない女が写っていた。
これは女の復讐の物語。

この作品のキーワード
不倫  復讐  執念  セックス  上司  禁断の恋  相続  遺産  オフィスラブ  死別