「縁切りの神様と生贄婚
~村のために自分から生贄に志願しましたが、溺愛がはじまりました~」

薫子の暮らす村に盗賊がやってきた


盗賊は山に隠れ、ことあるごとに村を襲う


いつも村を助けてくれた縁切りの神様もなぜか今回は動いてくれない


「神様に生贄をささげたらどうだろう」


その提案に手をあげたのは村の恩のある薫子本人だった!


「私は生贄です。どうして殺さないんですか?」
薫子
×
「生贄といえど私の妻だ。殺すはずがない」
切神さま

この作品のキーワード
生贄  結婚  溺愛  神様  和風ファンタジー  恋愛ファンタジー  ファンタジー  胸キュン  甘々  イケメン