「拘束プレイとかいかがですか!?
あっ、私はもっと過激なのでも
大丈夫ですけどね!? 首絞めプレイとか……っ」

┈┈┈┈ ˙˚ 𓆩 ♡ 𓆪 ˚˙ ┈┈┈┈

「怖くて怖くて泣いちゃってんだよな。
あぁ~、可哀想に。すぐ殺して楽にしてやるからな」

ほうじょう きせき
·.⟡〈 北条 奇跡 〉⟡.·
(21)



「推しは第2の心臓なんです」

さいとう つぼみ
·.⟡〈 齋藤 つぼみ 〉⟡.·
(16)

┈┈┈┈ ˙˚ 𓆩 ♡ 𓆪 ˚˙ ┈┈┈┈


「じゃあ​────…、
推しにならこうやって迫られてもいいんだ?」

「どうする?俺が今……
発情してオオカミにでもなったら…」




「ほら、さっさと足開け」

「…っ、」

「声出すな、って言っただろ」

「ごめ…っ、なさ……っ」

「…お仕置だ」

「ぷはっ……ぁ、はぁっ、…あぁっ………」









推しに殺されるなら───────…






· · ・ ​──── 本 望 で す ​──── ・ · ·

この作品のキーワード
殺し屋    年の差  年上  かっこいい  推し  イケメン  アイドル  胸キュン  同居