★★★☆☆
終盤残念
中盤までの構成はテンポもよく、とても読みやすい作品だと思いました
残念なのは犯人を特定し追い詰める作業
会話で感じた違和感にはかなり無理があるし、逆に女主人が言った台詞に何の違和感も持たないヒロインは刑事として無能過ぎます
いい所まで推理が進んだのに、結末があっさり後日談のように語られているのも残念でした
ミステリーならば、もう少し些細な証拠から動かぬ証拠への道筋を読者に表現した方がいいと思います
あと、描写もそれなりにあるのですが、舞台が夜だというのにもかかわらず、暗い……という映像が浮かびませんでした
もっと読者が感じるであろうイメージを想像して書いた方がいいと思います
不破 和泉
09/05/16 11:09

>>新着レビュー一覧へ