小さいころ
一番苦手だったヤツとの

再会。





『ありえない。本っ当に、ありえない!!なんで、あんたと再会しなきゃなんないの?!』



『…そんなの、決まってるだろ?



それは、唐突に。



しかし、ゆったりと。





私の前に現れた。







『一緒に行きますか。』





【誘われたのは_姫君か否か】




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








※小説の中にでてくる流派は架空のものです。


導花線様の企画[妖不在怪異譚]
参加作品です!!



▽ただ今、執筆中です。
かなり、遅くなりましたが時間を見つけて更新、完結させます。


この作品のキーワード
妖不在怪異譚  妖短  天邪鬼  和風  恋愛