あなたが私を忘れても

それでも私は構わない


私がずっと忘れないから


だからお願い


終わりがないように

いつだって

始まりがあるように


あなたはずっと

笑っていて



*・゚゚・*:.。☆.。.:*・゚゚・*:.。☆.。.:*・゚゚・*


消えてしまおうと決めた日

わたしはきみに出会った


*・゚゚・*:.。☆.。.:*・゚゚・*:.。☆.。.:*・゚゚・*


海を目指して

一瞬の永遠を、きみと


◇◆◇

2010.7.12~8.24

2011.4.15

2012.12.25 文庫化

◇◆◇

素敵なレビューありがとうございます

好評発売中

あらすじを見る
絶望の中、高1の夏海は、夏休みの学校の屋上でひとり命を絶とうとしていた。そこへ不意に現れた見知らぬ少年・朗。「今ここで死んだつもりで、少しの間だけおまえの命、おれにくれない?」――彼が一体何者かもわからぬまま、ふたりは遠い海をめざし、自転車を走らせる。朗と過ごす一瞬一瞬に、夏海は希望を見つけ始め、次第に互いが“生きる意味”となるが…。ふたりを襲う切ない運命に、心震わせ涙が溢れ出す!
この作品のキーワード
      青春  自転車  一瞬  永遠  夏休み 

スターツ出版文庫

一瞬の永遠を、きみと
一瞬の永遠を、きみと
amazonで買う
楽天で買う