あなたは

好きになってはイケナイヒト


だってあなたは

ほかの人のモノだから―――。


でもあたしは

そんなあなたが好き・・・

なんだと思う。


自分でもよくわからない

―――感情。



‘3っと4ーと・・・’


あなたが指揮を振っているその手で

この声で

あたしはあなたでいっぱいになる。



ねぇ、先生?


゚――――――――――――――――――

あたしが恋したのは先生だった・・・。

でも先生には大切な人が・・・・

この気持ち、どうしたらいい?

――――――――――――――――――゚

・・・実話をもとにしたフィクションです・・・

名前などは変えてあります。


8/1・start=3



しばらくわけありで更新遅くなります・・・

本当にごめんなさいm(__)m

この作品のキーワード
先生  副担  イケナイ恋  大切な人  実話  中等部  吹奏楽  感情  指揮者  秘密