ある日、俺は出会ってしまったんだ


誰もを魅了する自由気ままな猫
だけど、猫は深い闇を持っていた

  迷い猫なモテ姫
  柚木笑華(高2)
「ずっとあたしの傍にいて」
     ×
  拾い主のモテ王子
   椎名蓮(高3)
「当たり前。笑華の隣は俺だけの場所」


偶然の重なり合いでできた出会い
それから始まる非道徳的な関係。